懐かしの漫画を同窓会コンテンツで訴求。「楽天 Kobo イーブックストア」で取り扱う電子書籍を導入

笑屋株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:真田 幸次)が運営する「笑屋の同窓会」において、楽天株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)の子会社であるKobo Inc.(本社:カナダトロント市、CEO:相木孝仁 以下、Kobo社)の「楽天Koboイーブックストア」で取り扱う電子書籍を、5月5日から導入致します。年間50回程度の同窓会でタブレット「Kobo Arc 7HD」を設置し、同窓会のコンテンツとして漫画などの電子書籍を利用していきます。

Kobo社との連携背景

この度のサービス連携では、準備金0円で同窓会企画、案内状の送付、開催当日の運営等、一括して同窓会開催をサポートしている「笑屋の同窓会」を利用する参加者向けサービスとなります。「楽天 Kobo イーブックストア」では、笑屋が開催する同窓会参加者年齢層(40 代想定)から支持されているタイトルを数多く展開しているため、両社は同窓会参加者へのリアルなアプローチ方法として、笑屋の同窓会を通じ当時の“漫画”などのコンテンツを企画し「Kobo Arc 7HD」を利用して訴求を行うことが決定致しました。

kobo1

kobo2

サービス導入概要

同窓会当日のコンテンツとして「Kobo Arc 7HD」を利用致します。まず、両社で対象条件に合う同窓会を抽出致します。対象同窓会には事前に楽天koboアプリの紹介とコンテンツクーポン優待を配布し、事前のアプリダウンロード と参加者への利用を促進致します。同窓会当日は「Kobo Arc 7HD」を利用し、当時流行った漫画等を中心にクイズ大会を実施し参加者への端末やコンテンツの訴求を行います。ユーザーのメリットとしては、会費が安くなり、無料で1冊分の商品をダウンロードする事が出来ます。