トピックス
2014月11月4日

東洋経済オンラインにて笑屋の同窓会が紹介されました。

『急成長する「幹事代行サービス」の裏側』として、同窓会事業のサービス内容などが記事内で紹介されました。

現在、同窓会の開催件数は右肩上がりになっており、背景にあるのはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及だと考えられます。かつての仲間とインターネット上でつながり、それをきっかけにリアルな場で集まる=同窓会へと発展するケースは少なくないのです。

しかし同窓会の幹事はなかなか大変であり、悩みはつきません。そこで笑屋が幹事の代わりに同窓会を代行します。
企業のスポンサーがつき、同窓会の会費が安くなる場合もあります。

一昔前はかつての仲間が集まるだけのイベントだった同窓会が、インターネットの発展によるコミュニケーションの変化を経て、人のつながりはネットだけではないリアルな場が求められている、と取り上げられました。

掲載記事はこちら